【診察時間】9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

予約制

079-432-6579

ご予約はお電話でお願いいたします。

レーザー治療

LASER

患者様にやさしいレーザー治療

今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーを使用することで痛みを和らげ、「抜く」や「削る」を最小限にできます。
歯茎などの腫れを抑え、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、むし歯になりにくくしたり、むし歯になってしまったら必要な箇所のみの除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。
以前からできるだけ少ない痛みで治療することは、歯科の課題として研究を重ねられてきました。そこで誕生したのがレーザー歯科治療です。レーザー治療には、従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、治癒が早いなど数多くのメリットがあります。

レーザー治療のメリット

痛みが
少ない

殺菌効果が
ある

不快な音・
振動がない

安全性が
高い

レーザー治療が効果的な症状

むし歯予防と治療

むし歯の進行を抑えたり、取り除いたりする際にレーザー治療は有効です。進行状況にもよりますが、麻酔無しでむし歯治療を行える可能性もあります。また、歯には複雑な溝があり、菌が蓄積しやすいのが特徴です。このように歯ブラシだけでは菌を取り除くことが困難な部位も、レーザーの熱エネルギーならば効果的に殺菌できます。さらに、レーザーは歯質を強化し、フッ素も浸透しやすくしてくれるなどメリットばかりです。

歯周病

歯と歯茎の間にある歯周ポケットにレーザーを当てると、歯周病菌を効果的に殺菌するため、歯茎からの出血や口臭が治まる効果が期待できます。また、歯周病初期治療や歯周病外科治療を行った際にレーザーを組み合わせると、治癒効果が促進。当院では歯周病の進行状況に応じて、レーザー治療をブラッシング指導・歯石除去・歯周病初期治療・歯周病外科治療などを組み合わせているのが特徴です。

知覚過敏

歯の表面には、象牙細管といって歯の神経につながる孔があります。冷たい飲み物を摂取したり、歯ブラシを当てたりすると、この部分が刺激されて「知覚過敏」が生じます。このようなケースでは、レーザー治療が効果的です。歯の表面にレーザーを当てると薄い膜ができるので、痛んだりしみたりするのを防ぐ効果が期待できます。

審美治療

歯の歯垢除去・ホワイトニングにも効果的です。

口内炎

「口内炎や口角炎が長く続いている」「いつも同じ箇所に口内炎ができる」などのお悩みにもレーザー治療は対応しています。炎症が生じている箇所にレーザーを当てれば、治癒効果が促進。入れ歯装着時に生じやすい潰瘍にも効果が期待できます。

レーザー治療の設備

Er:YAGレーザー
(エルビウム・ヤグレーザー)

唯一、歯を削ることが認可されたレーザーです。
水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。
生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。
治療時はむし歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。
歯石除去も行うことが出来、当院での歯周外科治療の時は、歯根表面にレーザー治療を行います。

光殺菌用半導体レーザー(PACT/ペリオウェーブ)

光殺菌(a-PDT)による最新の歯周病菌殺菌システムです。メチレンブルーを主成分としたバイオジェルで細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。
インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している光殺菌技術です。
わずか2ステップの治療で、誰でも簡単に処置できより良い効果を得られるのが特徴です。
現在は、ペリオウェーブシステムに加えて、さらに3分の1の超短時間で殺菌できるPACTシステムも導入しています。

適応症

歯肉炎・歯周炎、根管治療、インプラント周囲炎、ヘルペス、口内炎、カンジタ症

禁忌症

無カタラーゼ症の方、光線過敏症のある方

CO2レーザー

CO²レーザーは通常のメスや電気メスに比べて生体組織への侵襲が少ないため、組織皮下層へのダメージが少ないと言われます。
また、血管を封鎖することで止血効果が生じ、クリーンな術野が確保できることから、施術の時間短縮や患者様のストレス軽減につながります。
また、再発性アフタと呼ばれる口内炎の疼痛緩和にはとても有効です。
当院では止血目的のときによく使用します。

レーザー治療の注意点

レーザーは口内炎やむし歯の治療などの場合には保険適用になり保険診療で出来ますが、メラニン色素除去などその他の治療をする場合には自費の治療(自由診療)で保険適用外になってしまうことがあります。治療費が気になるなど、費用に疑問がある場合には予め確認してから治療することをお勧めしています。